枝毛と切れ毛の違い

2021/09/09 コラム

枝毛も切れ毛もパッと見ただけで、髪の毛が傷んでいると分かってしまいます。
今回は、枝毛と切れ毛の違いについてご紹介していきたいと思います。

▼枝毛と切れ毛の違い
■枝毛
髪の毛が枝分かれしている状態、縦に避けている状態を枝毛といいます。
1本の髪の毛が2~3本に細く裂けているのが見て分かります。
毛先が枝毛になりそうな場合は白い点になってしまい、髪の毛の途中が枝毛になるとハネるように曲がります。
放置してしまうと、枝分かれがもっとひどくなり切れてしまうこともあります。
枝毛の一番の原因は髪の毛内部の乾燥で、毛先がパサパサとしてしまい髪の毛のダメージが目立ってしまいます。

■切れ毛
髪の毛が途中で切れてしまっている状態、横に切れた状態を切れ毛といいます。
真横に切れているのではなく、毛先が細くなってちぎれてしまいます。
放置してしまうと、髪の毛の長さがバラバラになって見た目が悪くなってしまいます。
切れ毛の原因として多いのが、強いアルカリ性の成分などの薬剤によるダメージで、髪の毛の根元や中間で目立ちます。

▼枝毛と切れ毛の予防&対策
・定期的にカットする
・髪の毛の状態に合ったシャンプーを使って正しい洗い方で洗う
・紫外線、ドライヤー、ヘアスタイリング剤など髪の毛にダメージを与えている原因から守る
・しっかりと睡眠をとり栄養バランスが整った食事を心掛ける

▼まとめ
様々なお悩みやコンプレックスに対応できる施術メニューを多数ご用意しておりますので、髪質改善したいと思われている方は
いつでもご相談ください。
お客様のお気持ちを第一に考えてきめ細やかなサービスを行ってまいりますので、これから継続して通えるサロンをお探しのお客様は
利用をご検討ください。