年代別の髪悩みについて

2021/09/13 コラム

髪の悩みは、人によってさまざまですよね。
髪質や量をはじめ、年齢に伴っておきる髪の変化などがあります。
今回は、年代別の髪悩みについてまとめてみました。

▼10代~20代に多い髪悩み
■第一位:くせ毛
くせ毛のほとんどが、遺伝の影響です。
縮毛矯正をかけたり、ストレートアイロンでくせを直したり、ボリュームをダウンさせたりして一時的にくせ毛を改善する方法が一般的です。

■第二位:枝毛
枝毛は、髪のキューティクルが剥がれることにより、タンパク質や水分を失ってしまった状態です。
細い髪は、繊細で枝毛になりやすいとも言えます。
熱すぎるお湯でシャンプーをしたり、自然乾燥させると枝毛は悪化してしまいます。

▼30代~40代に多い髪悩み
■第一位:白髪
30代から白髪に悩む方が増えてきます。
白髪の量や出始める年齢は個人差が大きく、ストレスなどで白髪になりやすい方もいます。
最近では、白髪を活かしておしゃれにハイライトをいれるなどの方法が人気です。

■第二位:くせ毛
年齢を重ねてくると、遺伝に関係なく、くせ毛に悩む方が増えていきます。
原因は髪のコシが無くなってることが挙げられます。
シャンプーを見直すと改善がみられることもありますので、行きつけの美容室にベストなシャンプーについて相談してみるのもよいでしょう。

▼50代~60代に多い髪悩み
第一位:髪ツヤが無い
髪にツヤが無くなり、髪を伸ばすことができくなった方もいらっしゃるかもしれません。
こればホルモンのバランスも関係しています。
ボルモンバランスが乱れると、血行不良になり髪に栄養、酸素が届きにくくなってしまいます。
睡眠時間の確保や軽い有酸素運動に合わせて普段のヘアケアを見直すことが大切です。

■第二位:髪のボリュームが無い
「若いころは、髪が多くて悩んでいた」という方も髪のボリュームが無くなり悩みを持つ方が増えます。
育毛シャンプーを取り入れたり、ブローの仕方を変えるという方法がおすすめです。
また、ボリュームが出せるヘアスタイルについて美容師に相談してみるのもよいでしょう。

▼まとめ
今回は、年代別の髪悩みについてまとめてみました。
美容室で改善、サポートできる場合もありますので、気軽に相談してみてくださいね。