髪が絡まる原因と対処法について

2022/01/01 コラム

寝る前にしっかり髪を乾かしたりヘアケアもしているのに、起きたら髪が絡まる…とお困りの方はいませんか?
ヘアケアをするなら、さらさらな髪になりたいですよね。
今回は、髪が絡まる原因と絡まった時の対処法についてご紹介していきます。

▼髪が絡まる原因と対処法
髪が絡まる原因には、さまざまな理由があります。
どのようなものが自分に当てはまるのか、対処法と一緒にチェックしてみてくださいね。

■やわらかい髪質
固い髪質の方に比べて、やわらかい髪質や髪が細い方は絡まりやすい傾向にあります。
生まれもった髪質ですが、バランスの良い食事や健康的な生活リズムを繰り返すことで髪を太く健康にする効果が期待できますよ。
また、過度なダイエットによる乱れた食生活や睡眠不足も、髪に大きなダメージを与えるので注意してみてくださいね。

■ダメージ
ハイトーンカラーやブリーチを繰り返してはいませんか?
これらは、髪のキューティクルに深刻なダメージを与えてしまうため、髪内部の栄養や水分が流れ出てしまい、パサつきや絡まりの原因となります。
髪が絡まるのを防ぐためには、継続的なヘアケアや美容院などでの適切なケアが必要です。

■間違ったドライヤーの使い方
濡れた髪を放置していると髪が傷むことを知っている方は多いですよね。
とりあえず乾かす…とこのように適当にドライヤーを使っていると、髪が絡まる原因を作ってしまっているかもしれません。
正しいドライヤーのかけ方は、キューティクルの向きに合わせて上から下向きが基本です。
髪から20センチほど離し、熱すぎない温度でムラなくまんべんなく乾かしてみてくださいね。
最後は冷風をかけることで、ツヤツヤに仕上がります。

▼まとめ
髪が絡まる原因にはさまざまな理由がありますが、適切なケアを施すことでサラサラの髪が実現します。
当院では、お客様のお悩みに沿った最適なサービスを提供させていただきますのでお気軽にご相談下さい。